読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡崎武志が書けない大阪時代

ブラケットの同人の内輪で、小馬鹿にされていたと、今なら言えます。

「そんなことを知っているはずがない、わかるはずがない、女子供はおとなしくしていろ」

そういう空気が満ちていました。

 

手塚治虫の特集のための座談会に「ぶらけっとで漫画を描いているから」というだけで、駆り出されました。

子どもの頃は、手塚アニメに親しんでいたけれど、こと漫画においては、全くと言っていいほど縁がなく、読んではいませんでした。どちらかというと、つげ義春のような漫画に親しみを感じていました。

当然、座談会でも話すべきこともなく、他の方々の話のテンポにもついて行けずに、知らない者が批判めいたことを言うのも御門違いだと思い、何も発言せずに、会は終わりました。

後日、座談会の録音から起こした原稿には、しゃべっていない私の発言がありました。

岡崎武志に、そのことを言うと、付け加えたと。「これでええんや」と。

何の断りもなく、そのまま本は出来上がりました。

 

何かおかしいのに、誰も指摘しない、村岡真澄と岡崎武志ら仲良しグループの独裁の、同人誌という観念からは遠いところにあった「ブラケット」誌だったと思います。

 

言いなりになる人間が好まれて、異質で弱者が何か言おうものなら、鼻先で笑う。叩く。

 

私は学生時代に、いじめに遭っていました。学校という場所には、もう行きたくないから、と、高卒で就職しましたが、人間がたくさんいる所には、必ず、いじめがあり、差別があるという事実を知りました。

「ブラケット」も然りでした。南森町の事務所は、いつも学校の教室の中のように、居心地が悪かった。

岡崎武志が書けない大阪時代

同人誌「ブラケット」に所属していた、つまり茨木東高校で教師をしていた頃。私はその高校で漫研にいた卒業生でした。ある日、岡崎に「ぶらけっと」で漫画を描かないかと誘われた。

そこでは、人間としてバカにされたことも多かった。知識や行動、果ては着ている洋服や聴いていた音楽まで、全く相手にされていなくて、むしろ蔑まされていた。秋津久仁子には特に、露骨に嫌なことを言われた。私の好きな俳優、ドニ・ラヴァンを「ジミー大西やん」と。詩集の出版のお祝いに、フラットフェイスのアルバムをテープにダビングして贈ると、家で聴いて気に入ったのだろう、お礼の言葉もなく「レコード番号を教えてくれ」とだけ。

「ぶらけっと」の面々には、えてして教師づらして対応された。

描いた漫画にまで、あれこれ口を挟む。「こういうのを描けばいいんや」「こんなものは迷惑だ」…同人誌だというのに…

(つづく)

岡崎武志語録

(私が「車窓」という言葉を使った際)普通、そういう使い方はせえへん。

岡崎武志語録

(私の母が岡崎武志の所へ出向いた際に)「なんなら責任とりましょか〜?」

岡崎武志語録

(ブラケットの同人の編み込みした三つ編みの髪型の女性が退席した後)30で三つ編みする女は気持ち悪いやんなあ。

「松村のところには殴り込みに行ってやったからな」

私は、村岡眞澄の友人、ブラケットの関係者でもある、大阪の印刷会社の社長の松村信人(現在は澪標社)を就職先に紹介されました。

会社に挨拶へ行くと、色々なところに連れ回され、お好み焼きを食べに。その後「いい店を知っているから」と、バーへ。勧められ飲まされたのは、確かギムレット。そこを出ると二軒目にクラブ。松村信人は行き道、私の肩を抱いてきました。嫌な気持ちでしたが、これからの仕事のことを考えると、拒絶できませんでした。それから車に乗せられ、連れ込みホテルへ。遅すぎるくらい鈍かった私は、やっと、ことの危険性に気が付きました。コーラの缶を離さず、タバコを吸い続け、なんとか最悪の事態からは脱し、車で大阪の駅前で捨て降ろされました。
後日、村岡眞澄と岡崎武志の取った行動が、このブログエントリーのタイトルのようです。村岡の口から、はっきり聞いたのは間違いありません。
私は、就職も失ったどころか、自尊心までどこかへいってしまいました。ありていにいうと、心が壊れてしまいました。
ブラケットの同人は、誰も何も言いませんでした。なかったことにされたと、うっすら感じていました。みんな、私のことを好ましく思っていなかったのかもしれません。孤独でした。

岡崎武志とのこと

人間の感情の中で一番強いものは、怒り、だそうです。

無理矢理にセックスされたら、それはレイプではないでしょうか。こんな若い娘とこんなことできて良かったわ。と、行為の後あなたは言いました。私はまだ20歳でした。あなたは31歳。そして、私が寝付いた様子を見計らって、友人のところへ行ったようですね。

仮に私があなたに好意を持っていたとしても、抵抗したのですから。あなたは、笑いながら、まあええやんか、そう言って、避妊具を付け、子どもができたら困るからな、と言いました。

その後、何度も、外で話をしたいと提案しましたが、家まで行くと、あなたは中へ引っ張り込もうとしました。まあまあ、と、笑いながら。

私は、混乱し続けました。精神的に、壊れていきました。

それでも、あなたは、私と恋愛していたと言うのでしょうか。

私は、まだ精神科に通院しています。